ホーム(ShaverTest) > シェーバー情報データベース > 旧モデル > フィリップスの旧モデル

フィリップスシェーバー(フィリシェーブ)の旧モデル比較ページ

フィリップス

このページは、フィリップスシェーバー比較ページの過去ログ的ページです。
メーカーカタログから削除されてしばらく経過したモデルの情報を、このページに移動させています。

2021/03/06

【目次】このページ内の行にジャンプします
▼9000シリーズ(S9732A/33・S9186A/26・S9186A/12・S9090/43・S8980/13)って何が違うの?
▼9000シリーズ(S9731/33・S9551/26・S9551/12・S9185/26・S9185/12・S9090/43・S8980/13)って何が違うの?
▼9000シリーズ(S9711V/33・S9511/26・S9511/12・S9181/26・S9181/12)って何が違うの?
▼9000シリーズ(S9711/33・S9521/26・S9521/12・S9151/26・S9151/12)って何が違うの?
▼7000シリーズ(S7970/26・S7930/16・S7910/16)って何が違うの?
▼7000シリーズ(S7561/12)って何が違うの?
▼7000シリーズ(S7520/26・S7520/12)って何が違うの?
▼7000シリーズ(S7310/26・S7310/12)って何が違うの?
▼5000シリーズ(S5397/26・S5397/12・S5335/12・S5214/06・S5215/06・S5251/12・S5072/06・S5060/05)って何が違うの?
▼5000シリーズ(S5390/26・S5390/12・S5270/12・S5210/12・S5075/06・S5050/05)って何が違うの?
▼1000シリーズ(S1041/03・その他)って何が違うの?
▼スタイルシェーバー(QS6160・QS6140)って何が違うの?
▼センソタッチ3D (RQ1275ACC/RQ1275/RQ1258CC/RQ1258) って何が違うの?
▼センソタッチ3D (RQ1285cc/RQ1265cc/RQ1251cc/RQ1251) って何が違うの?
▼センソタッチ3D (RQ1290cc/RQ1280cc/RQ1260cc/RQ1250cc/RQ1250) って何が違うの?
▼センソタッチ2D(RQ1187/37・RQ1187/43・RQ1167/12)って何が違うの?
▼センソタッチ2D (RQ1175ACC/RQ1180A) って何が違うの?
▼センソタッチ (RQ1185cc/RQ1151) って何が違うの?
▼センソタッチ (RQ1160cc/RQ1160/ RQ1150) って何が違うの?
▼アーキテック (RQ1095/RQ1087/ RQ1060/RQ1050) って何が違うの?
▼アクアタッチ(AT926・AT891A・AT887/16・AT758・AT757)って何が違うの?
▼アクアタッチ (AT911/AT890/ AT891/AT754) って何が違うの?
▼パワータッチ(PT761/14・PT729CC・PT725A)って何が違うの?
▼パワータッチ (PT725) って何が違うの?
▼Click & Style(クリックアンドスタイル)(YS526・YS522)って何が違うの?
▼HQ8200シリーズ (HQ8261cc/HQ8261/ HQ8241/HQ8240) って何が違うの?
▼HQ8100シリーズ (HQ8155) って何が違うの?
▼HQ7000シリーズ (HQ7390/HQ7380/ HQ7340/HQ7310) って何が違うの
▼HQ6000シリーズ (HQ6070) って何が違うの?
▼HQ900シリーズ (HQ914/HQ912/ HQ904) って何が違うの?
▼Portable Shaver(ポータブルシェーバー)(PQ217・PQ208)って何が違うの?

9000シリーズ(S9732A/33・S9186A/26・S9186A/12・S9090/43・S8980/13)って何が違うの?

9000シリーズ(series9000)は、フィリップスシェーバーの上位シリーズ。
ヘッド部分の改良により「従来モデル(センソタッチ3D)よりもワンストロークあたり20%多くのヒゲをカットする」と謳う。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケース付き。
リチウムイオン電池使用。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2018年10月発売。S9090/43・S8980/13は2017年9月発売。
(2016年モデル【S9731/33・S9551/26・S9551/12・S9185/26・S9185/12・S9090/43・S8980/13】との違いはありません。本体カラーも性能も同じです。)

S9732A/33 S9186A/26 S9186A/12 S9090/43
(Amazon限定)
S8980/13
刃の回転速度を
3段階切り替え可能
速度切り替え機能ナシ
自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
残り時間を
デジタル表示
3段階
電池残量表示
使用時間
50分(16回)
使用時間
45分(15回)
使用時間
50分(16回)
ヒゲスタイラー
洗顔ブラシヘッド
スタンド
つき
トリマー
スタンド
つき
トリマー
洗顔ブラシヘッド
つき
トリマー
つき
ビックカメラ等で売られているモデル(S9731A/33・S9185A/26・S9185A/12)について
メーカー公式ページ
S9732A/33S9186A/26S9186A/12S9090/43S8980/13(フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S9731A/33S9185A/26S9185A/12(フィリップス公式サイト)

9000シリーズ(S9731/33・S9551/26・S9551/12・S9185/26・S9185/12・S9090/43・S8980/13)って何が違うの?

9000シリーズ(series9000)は、フィリップスシェーバーの最上位シリーズ。
ヘッド部分の改良により「従来モデル(センソタッチ3D)よりもワンストロークあたり20%多くのヒゲをカットする」と謳う。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケースとスタンド付き。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は20回(約60分)。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2016年9月発売。
S9090/43・S8980/13は2017年9月発売。
(2015年モデル【S9711V/33・S9511/26・S9511/12・S9181/26・S9181/12】との違いはバッテリー持続時間が10分伸びて60分になった事と、スタンドが付属する事です。)

S9731/33 S9551/26 S9551/12 S9185/26 S9185/12
刃の回転速度を
3段階切り替え可能
速度切り替え機能ナシ
 自動洗浄機付き 洗浄機ナシ 自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
残り時間を
デジタル表示
5段階
電池残量表示
3段階
電池残量表示
2017年9月に追加発売されたモデル(S9090/43・S8980/13)について
廉価なモデルが2つ追加されました。
両モデルともに、刃の回転速度の切り替え機能ナシ。洗浄機ナシ。
ケースは付属しますが、スタンドは付属しません。
リチウムイオン電池使用。1時間充電。3段階の電池残量表示を備えます。
バッテリー容量がやや少なめです。
2016年モデルと同様、スマートクリックに対応し、お風呂シェーブ(ウエット剃り)も可能です。
S9090/43
Amazon限定
S8980/13
使用時間
45分(15回)
使用時間
50分(16回)

一部量販店で売られているモデル(S9732/33・S9552/26・S9552/12・S9186/26・S9186/12)について
型番が微妙に異なる製品が一部量販店で販売されています。
これらは一部量販店向けのモデルであり、プロパーのモデル(S9731/33・S9551/26・S9551/12・S9185/26・S9185/12)と同一品(カラーも性能も同じ)です。

ケーズデンキのオリジナルモデルについて
S9185/JCは、S9185/26と洗浄カートリッジ2個をセットにしたパッケージ。
S9185/NTは、S9185/12と鼻毛カッターNT1152/10をセットにしたパッケージ。
メーカー公式ページ
S9731/33S9551/26S9551/12S9185/26S9185/12S9090/43S8980/13| (フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S9732/33S9552/26S9552/12S9186/26S9186/12 (フィリップス公式サイト)

9000シリーズ(S9711V/33・S9511/26・S9511/12・S9181/26・S9181/12)って何が違うの?

9000シリーズ(series9000)は、フィリップスシェーバーの最上位シリーズ。
ヘッド部分の改良により「従来モデル(センソタッチ3D)よりもワンストロークあたり20%多くのヒゲをカットする」と謳う。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケース付き。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は16回(約50分)。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2015年9月発売。
(2014年モデル【S9711/33・S9521/26・S9521/12・S9151/26・S9151/12】との違いは本体カラーのみ。S9711V/33とS9711/33については、カラーも同じで型番のみ変更された同一品です。)

S9711V/33 S9511/26 S9511/12 S9181/26 S9181/12
刃の回転速度を
3段階切り替え可能
速度切り替え機能ナシ
 自動洗浄機付き 洗浄機ナシ 自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
残り時間を
デジタル表示
5段階
電池残量表示
3段階
電池残量表示
一部量販店で売られているモデル(S9712V/33・S9512/26・S9512/12・S9182/26・S9182/12)について
型番が微妙に異なる製品が一部量販店で販売されています。
これらは一部量販店向けのモデルであり、プロパーのモデル(S9711V/33・S9511/26・S9511/12・S9181/26・S9181/12)と同一品(カラーも性能も同じ)です。

鼻毛カッターとセットになったパッケージ(S9181/NT)について
S9181/NTは、S9181/12に鼻毛カッターNT1150/10がついたケーズデンキのオリジナルパッケージです。
メーカー公式ページ
S9711V/33S9511/26S9511/12S9181/26S9181/12 (フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S9512/26S9512/12S9182/26S9182/12| (フィリップス公式サイト)

9000シリーズ(S9711/33・S9521/26・S9521/12・S9151/26・S9151/12)って何が違うの?

9000シリーズ(series9000)は、フィリップスシェーバーの新しい最上位シリーズ。
(9000シリーズの登場により、センソタッチ3Dはカタログから削除されました。)
ヘッド部分の改良により、センソタッチ3Dよりもワンストロークあたり20%多くのヒゲをカットすると謳う。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。固めの収納ケース付き。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は16回(約50分)。
替え刃は新開発のSH90/51。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2014年9月発売。

S9711/33 S9521/26 S9521/12 S9151/26 S9151/12
一部量販店で売られているモデル(S9712/33・S9522/26・S9522/12・S9152/26・S9152/12)について
S9712/33 S9522/26 S9522/12 S9152/26 S9152/12
型番が微妙に異なる製品が一部量販店で販売されています。
これらは一部量販店向けのモデルであり、プロパーのモデル(S9711/33・S9521/26・S9521/12・S9151/26・S9151/12)と同一品(カラーも性能も同じ)です。
関連サイト
家電製品ミニレビュー - 回転式も“イイなぁ”と思わせるフィリップスのシェーバー(家電Watch)

7000シリーズ(S7970/26・S7930/16・S7910/16)って何が違うの?

7000シリーズ(Series7000)は、敏感肌向けシリーズ。
スマホとのbluetooth連動機能が追加され、「皮膚科医と共同開発したアプリと連動してパーソナルシェービングプランを作成」と謳う。
アプリを経由して3段階の動作スピード調整が可能に(本体には速度切り替えボタンは無い)。
さらに、ヒゲの濃さに応じてパワーをリアルタイム自動調整する「ヒゲ密度関知システム」が新たに追加された。
スキンコンフォートリング(刃を囲む水色の摩擦低減リング)を搭載。
刃の可動自由度は5方向で、9000シリーズ(8方向)より劣る。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケース付き。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は16回(約50分)。
2019年7月発売。
(2018年モデル【S7561/12・S7560/26・S7560/12】との違いは、スマホアプリ連動機能やアプリ経由での3段階速度切り替え機能が追加された点と、パワーを自動的に調整する「ヒゲ密度関知システム」の追加と、刃が「ジェントルプレシジョンプロ刃(SH70/61)(72枚刃)」から「ジェントルプレシジョン刃(SH70/71)(45枚刃)」に変更された点と、三段階充電残量表示が無くなり充電催促表示だけになった点と、本体カラー。)

S7930/16 S7910/16
(Amazon限定)
 本体カラー
ブラック/メタリックスカイブルー
本体カラー
シルバー/メタリックスカイブルー
洗浄機ナシ
カメラ系量販店で売られているS7970/26について
メーカー公式ページ
S7930/16S7910/16(フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S7970/26(フィリップス公式サイト)

7000シリーズ(S7561/12)って何が違うの?

7000シリーズ(Series7000)は、敏感肌向けシリーズ。
新開発の刃(SH70/61)とスキンコンフォートリング(水色の摩擦低減リング)を搭載し、「敏感肌専用モデル」と謳う。
2列刃ヘッドで外周の刃がV字型になっている点は9000シリーズと同じ。
刃の可動自由度は5方向で、9000シリーズ(9方向)より劣る。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケース付き。
3段階の充電残量表示を備える。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は16回(約50分)。
2018年4月発売。
(2016年モデル【S7520/26・S7520/12】との違いは、スタンドが付属しなくなった点と、刃が「ジェントルプレシジョン刃(SH70/51)」から「ジェントルプレシジョンプロ刃(SH70/61)」に変更された点と、パネル部分のカラーリングが白からシルバーに変更された点。) 

S7561/12
カメラ系量販店で売られているS7560/26とS7560/12について
メーカー公式ページ
S7561/12S7560/26S7560/12(フィリップス公式サイト)

7000シリーズ(S7520/26・S7520/12)って何が違うの?

7000シリーズ(Series7000)は、敏感肌向けシリーズ。
新開発の刃(ジェントルプレシジョン刃)とスキンコンフォートリング(水色の摩擦低減リング)を搭載し、「フィリップス史上最高のやさしさ」と謳う。
2列刃ヘッドで外周の刃がV字型になっている点は9000シリーズと同じ。
刃の可動自由度は5方向で、9000シリーズ(9方向)より劣る。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケースとスタンド付き。
3段階の充電残量表示を備える。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は16回(約50分)。
2016年9月発売。
(2015年モデル【S7310/26・S7310/12】との違いは、3段階の充電残量表示がついた事と、スタンドが付属する事です。)

S7520/26 S7520/12
自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
一部量販店で売られているモデル(S7521/26・S7521/12)について
型番が微妙に異なる製品が一部量販店で販売されています。
これらは一部量販店向けのモデルであり、プロパーのモデル(S7520/26・S7520/12)と同一品です。
メーカー公式ページ
S7520/26S7520/12 (フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S7521/26S7521/12 (フィリップス公式サイト)

7000シリーズ(S7310/26・S7310/12)って何が違うの?

7000シリーズ(Series7000)は、敏感肌向けシリーズ。
新開発の刃(ジェントルプレシジョン刃)とスキンコンフォートリング(水色の摩擦低減リング)を搭載し、「フィリップス史上最高のやさしさ」と謳う。
2列刃ヘッドで外周の刃がV字型になっている点は9000シリーズと同じ。
刃の可動自由度は5方向で、9000シリーズ(9方向)より劣る。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
固めの収納ケース付き。
充電残量表示は無いが、充電催促表示を備える。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用回数の目安は16回(約50分)。
2015年9月発売。

S7310/26 S7310/12
自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
一部量販店で売られているモデル(S7311/26・S7311/12)について
型番が微妙に異なる製品が一部量販店で販売されています。
これらは一部量販店向けのモデルであり、プロパーのモデル(S7310/26・S7310/12)と同一性能品です(フレームの色がわずかに異なります)。
メーカー公式ページ
S7310/26S7310/12 (フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S7311/26S7311/12 (フィリップス公式サイト)

5000シリーズ(S5397/26・S5397/12・S5335/12・S5214/06・S5215/06・S5251/12・S5072/06・S5060/05)って何が違うの?

5000シリーズ(Series5000)は、「やさしさと深剃りを備えたエントリーモデル」と謳う普及価格帯シリーズ。
刃の可動自由度は5方向。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、別売の洗顔ブラシアタッチメントなどを取り付け可能)。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
2017年9月発売(S5060/05のみ2018年10月発売)。
旧モデルの情報はこちら→【S5390/26・S5390/12・S5270/12・S5210/12・S5075/06・S5050/05
(2018年10月発売のS5060/05と旧モデルS5050/05の違いは、使用時間が10回(30分)から13回(40分)に伸びた事と、本体パネルのデザインです。)

S5397/26 S5397/12 S5335/12 S5214/06(赤色)
S5215/06(青色)
S5251/12 S5072/06 S5060/05
自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
マルチプレシジョン刃
(内刃にリフト&カット機能あり
外刃はホールとスリット)
刃が廉価版
(内刃にリフト&カット機能ナシ
外刃はスリットのみ)
センシティブモード
(10%スピードダウン)
つき
ターボモード
(10%スピードアップ)
つき
モード選択ナシ
3段階
電池残量表示
充電催促表示のみ
1時間充電
使用時間
50分(16回)
1時間充電
使用時間
40分(13回)
8時間充電
使用時間
40分(13回)
トリマー
ケース
つき
トリマー
ケース
スタンド
つき
トリマー
つき
トリマー
ケース
スタンド
つき
トリマー
つき
付属品ナシ
(トリマーもナシ)
メーカー公式ページ
S5397/26S5397/12S5335/12S5214/06S5215/06S5251/12S5072/06S5060/05 (フィリップス公式サイト)

5000シリーズ(S5390/26・S5390/12・S5270/12・S5210/12・S5075/06・S5050/05)って何が違うの?

5000シリーズ(Series5000)は、「やさしく深剃りしたいなら」と謳う普及価格帯シリーズ。
1列刃ヘッド。
刃の可動自由度は5方向。
スマートクリック(ヘッドチェンジ)に対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
2015年9月発売(S5050/05は2017年9月発売)。

S5390/26 S5390/12 S5270/12 S5210/12 S5075/06 S5050/05
 自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
ターボモードつき ターボモードナシ
3段階
電池残量表示
充電催促表示のみ
リチウムイオン電池 ニッケル水素電池
1時間充電 8時間充電
鼻毛カッターとセットになったパッケージ(S5210/NT・S5270/NT)について

一部量販店で売られているモデル(S5391/12・S5330/12・S5271/12・S5230/12・S5211/12・S5085/06)について
メーカー公式ページ
S5390/26S5390/12S5270/12S5210/12S5075/06S5050/05 (フィリップス公式サイト)
一部量販店向けモデル
S5391/12S5330/12S5271/12S5230/12S5211/12S5085/06 (フィリップス公式サイト)

1000シリーズ(S1041/03・その他)って何が違うの?

三ツ目タイプの最廉価シリーズ。
刃の部分はフロート構造で押し込むと沈む作りになっていますが、ヘッド部分は全く動きませんので、密着性(フィット性)は低め。
ヘッド部分にY字型の溝が掘ってありますが、これは飾りです。
ニッケル水素電池仕様で充電時間は10時間と長め。
2018年4月発売。

S1041/03
カメラ系量販店で売られているS1085/04とS1040/04について
メーカー公式ページ
S1041_03S1040_04(フィリップス公式サイト)

スタイルシェーバー(QS6160・QS6140)って何が違うの?

ヒゲを残すゾーンと、キレイに剃るゾーンとの両方をこの一台で手入れ可能、というコンセプト。
本体の片方に長さ揃えトリマー、もう片側に往復式(3枚刃)シェーバー、という双頭スタイル。
フィリップスとしては珍しく回転式ではなく往復式としたのは、ヒゲの輪郭ラインを作りやすくする為。
コーム無しの場合は0.5mm、付属のコームを使うと1mm〜10mmまで12段階のトリミング(ヒゲの長さ揃え)が可能。
折りたたみ式の充電スタンド付き。リチウムイオン電池使用。
2012年8月発売。

QS6160 QS6140

センソタッチ3D(RQ1275ACC/RQ1275/ RQ1258CC/RQ1258)って何が違うの?

センソタッチ3D(SensoTouch3D)シリーズは、フィリップスシェーバーの最上位シリーズ。
独立可動3Dシステムと呼ばれるシェーバーヘッドが肌に密着。
ウエット剃りに対応。ケースと充電スタンド付き。
リチウムイオン電池使用。1時間充電。
3列刃ヘッド。替えシェービングユニットの型番はRQ12。
ヘッドチェンジ対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2013年9月発売。

ビックカメラ等で売られている限定販売モデルについて

カメラ系家電量販店等において、"RQ1295CC/RQ1295/ RQ1257CC/RQ1257"といった型番のモデルが売られています。
プロパー機種の"RQ1275ACC/RQ1275/ RQ1258CC/RQ1258"と、
カメラ系量販店で売られている"RQ1295CC/RQ1295/ RQ1257CC/RQ1257"は、同一仕様の同一製品です(色と塗装だけ一部違います)。
販売ルート別に型番を分けているだけです("RQ1295CC/RQ1295/ RQ1257CC/RQ1257"は、ヨドバシカメラ・ビックカメラ等向けの型番です)。

センソタッチ3D(RQ1285cc/RQ1265cc/ RQ1251cc/RQ1251)って何が違うの?

センソタッチ3D(SensoTouch3D)シリーズとは、フィリップスシェーバーの最上位シリーズ。
独立可動3Dシステムと呼ばれるシェーバーヘッドが肌に密着。ウエット剃りに対応。ケース付き。1時間充電。3列刃ヘッド。替えシェービングユニットの型番はRQ12。
2012年7月に発売されたシリーズ。

RQ1285ccとRQ1295cc、RQ1265ccとRQ1275cc、RQ1251ccとRQ1252cc、RQ1251とRQ1252、の違いについて

カメラ系家電量販店等において、"RQ1295cc/1275cc/ 1252cc/1252"といった型番のモデルが売られています。
プロパー機種の"RQ1285cc/1265cc/ 1251cc/1251"と、
カメラ系量販店で売られている"RQ1295cc/1275cc/ 1252cc/1252"は、同一仕様の同一製品です(色と塗装だけが違います)。
販売ルート別に型番を分けているだけです("RQ1295cc/1275cc/ 1252cc/1252"は、ヨドバシカメラ・ビックカメラ等向けの型番です)。
関連リンク
7月に発売されたフィリップスの新型センソタッチ3D(RQ1285CC)のレビュー記事(家電watch)

センソタッチ3D(RQ1290cc/RQ1280cc/RQ1260cc/RQ1250cc/RQ1250)って何が違うの?

センソタッチ3D(SensoTouch3D)シリーズとは、「アーキテック」に置き換わる形で発売された、フィリップスシェーバーの新・最上位シリーズ。
独立可動3Dシステムと呼ばれるシェーバーヘッドが肌に密着。ウエット剃りに対応。ケース付き。1時間充電。替えシェービングユニットの型番はRQ12。
2010年8月に発売されたシリーズ(RQ1290CCのみ2011年9月発売)。

関連ページ
2010秋発売の最新シェーバー比較! ―ブラウン750cc-4(シリーズ7)とフィリップスRQ1260cc(センソタッチ3D)
関連リンク
長期レビュー フィリップス「センソタッチ3D RQ1280CC」 その1 - 家電Watch | その2 | 最終回

センソタッチ2D(RQ1187/37・RQ1187/43・RQ1167/12)って何が違うの?

センソタッチ2D(SensoTouch2D)シリーズとは、その名の通り、センソタッチ3Dから独立可動3Dシステムなどを省いたシリーズ。
お風呂シェーブ(ウエット剃り)に対応。
ソフトケースと充電スタンド付き。
リチウムイオン電池使用。
1列刃ヘッド。替えシェービングユニットの型番はRQ11/51。
ヘッドチェンジ対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2014年9月発売。

RQ1187/37 RQ1187/43 RQ1167/12
一部量販店で売られているモデル(RQ1187cc・RQ1187・RQ1167)について
RQ1187cc RQ1187 RQ1167
型番が微妙に異なる製品が一部量販店で販売されています。 となります。

センソタッチ2D(RQ1175ACC/RQ1180A)って何が違うの?

センソタッチ2D(SensoTouch2D)シリーズとは、その名の通り、センソタッチ3Dから独立可動3Dシステムなどを省いたシリーズ。
ウエット剃りに対応。ケースと充電スタンド付き。
リチウムイオン電池使用。1時間充電で使用日数の目安16日間。電池残量を5段階表示。
1列刃ヘッド。替えシェービングユニットの型番はRQ11。
ヘッドチェンジ対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメントを取り付け可能)。
2013年9月発売。

ビックカメラ等で売られているRQ1187CC/RQ1187/ RQ1167について

カメラ系家電量販店等において、"RQ1187CC/RQ1187/ RQ1167"といった型番のモデルが売られています。
RQ1187CCRQ1175ACCの同一性能品であり、RQ1187RQ1180Aの同一性能品です(色と塗装だけが違います)。
RQ1167は、RQ1180Aからきわぞりトリマーとソフトケースを省き、電池の容量が抑えられているモデル(使用日数の目安15日間)であり、電池残量表示もなく充電催促表示のみです。

センソタッチ(RQ1185cc/RQ1151)って何が違うの?

センソタッチ(SensoTouch)シリーズとは、その名の通り、センソタッチ3Dから独立可動3Dシステムなどを省いたシリーズ。
ウエット剃りに対応。ケース付き。1時間充電。充電残量表示は無く、充電催促表示だけが有り。1列刃ヘッド。替えシェービングユニットの型番はRQ11。
2012年7月に発売されたシリーズ。
センソタッチ2Dと呼ばれることも。

センソタッチ(RQ1160cc/RQ1160/ ※RQ1150)って何が違うの?

※印は現行カタログに載っていない機種

センソタッチ(SensoTouch)シリーズとは、その名の通り、センソタッチ3Dから独立可動3Dシステムなどを省いたシリーズ。
ウエット剃りに対応。1時間充電。替えシェービングユニットの型番はRQ11。
2010年8月に発売されたシリーズ。

アーキテック(RQ1095/RQ1087/ RQ1060/RQ1050)って何が違うの?

アーキテックシリーズとは、独創的なデザインが特徴の、フィリップスシェーバーの最上位シリーズ。
パワーポッド(充電機能付きケース)付き。1時間充電。替えシェービングユニットの型番はRQ10。
センソタッチ3Dシリーズの登場によって生産終了に。

アクアタッチ(AT926・AT891A・AT887/16・AT758・AT757)って何が違うの?

アクアタッチシリーズは、普及価格帯のスタンダードシリーズ。
上級シリーズと比べてヘッド部首振りの自由度が少ないものの、その分廉価。
ウエット剃りに対応。
リチウムイオン電池使用。
充電残量表示は無くて充電催促表示だけが有り。
2013年9月発売(AT887/16のみ2015年9月発売)。

AT926 AT891A AT887/16 AT758 AT757
3列刃ヘッド 1列刃ヘッド
(くせヒゲキャッチ外刃)
1列刃ヘッド
(スリット外刃)
トリマー付き トリマー無し
1時間充電 8時間充電
ビックカメラ等で売られているAT890Aについて カメラ系家電量販店等において、"AT890A"というモデルが売られています。
AT890Aは、AT891Aの同一性能品です(色と塗装だけが違います)。
関連ページ
新型アクアタッチを買ったので旧世代モデルと比較してみた

アクアタッチ(AT911/AT891/ AT890/AT754)って何が違うの?

アクアタッチシリーズは、HQ8000シリーズに置き換わる形で発売された、普及価格帯シリーズ。
センソタッチ3Dやセンソタッチと比べてヘッド部首振りの自由度が少ないものの、その分廉価。
ウエット剃りに対応。
2011年8月に発売されたシリーズ(AT911のみ2012年8月発売です)。

関連ページ
新型アクアタッチを買ったので旧世代モデルと比較してみた

パワータッチ(PT761/14・PT729CC・PT725A)って何が違うの?

パワータッチは、アクアタッチシリーズからウエット剃り性能を省いたシリーズ、という位置づけ。
ウエット剃り出来るほどの防水性能は無いものの、水洗いは可能。
トリマー無し。
リチウムイオン電池使用。
充電残量表示は無くて充電催促表示だけが有り。
2013年9月発売(PT761/14のみ2015年9月発売)。

PT761/14 PT729CC
(台数限定モデル)
PT725A
洗浄機ナシ 自動洗浄機付き 洗浄機ナシ
8時間充電 1時間充電  8時間充電
ビックカメラ等で売られているPT722CCについて
カメラ系家電量販店等において、"PT722CC"というモデルが売られています。
PT722CCは、PT729CCの同一性能品です(色と塗装だけが違います)。

パワータッチ(PT725)って何が違うの?

Click & Style(クリックアンドスタイル)(YS526・YS522)って何が違うの?

コンパクトな2つ目ヘッドで、「シェーバー初心者にも」と謳う。
ヘッドチェンジ対応(ヘッド部分が着脱式となっており、洗顔ブラシアタッチメントやヒゲスタイラーアタッチメント(別売)を取り付け可能)。
1時間充電(ニッケル水素電池)。フル充電で13日使用可能(1日3分使用の場合)。
ウエット剃りに対応。
2013年9月発売。

※洗顔ブラシアタッチメントは単体販売されていますが、ボディグルーマーアタッチメントは単体販売されていません(刃の部分だけはTT2000/43として別売りされていますが、刃だけでは本体に装着できない)。
このため、ヘッドチェンジで洗顔ブラシとボディグルーマーとの両方を使いたい場合は、ボディグルーマー付きのYS522と、単品販売の洗顔ブラシヘッド、という組み合わせで購入する。

HQ8200シリーズ(HQ8261cc/HQ8261/ HQ8241/HQ8240)って何が違うの?

HQ8200シリーズとは、3列の刃(トリプルトラックヘッド)と、サスペンションシステム(上下方向への首振り)が特徴のシリーズ。
ソフトケース付き。1時間充電。替え刃の型番はHQ9。

HQ8100シリーズ(HQ8155)って何が違うの?

HQ7000シリーズ(HQ7390/HQ7380/ HQ7340/HQ7310)って何が違うの?

HQ7000シリーズとは、刃は1列で、サスペンションシステムは無し、というベーシックシリーズ。

関連ページ:
フィリップスシェーバー入門 ―HQ7390を分解したり機能の説明をするページ

HQ6000シリーズ(HQ6070)って何が違うの?

HQ900シリーズ(HQ914/HQ912/ HQ904)って何が違うの?

HQ900シリーズとは、ドラゴンフライ(dragonfly=トンボ)と呼ばれる2ヘッド形が特徴の、廉価なシリーズ。替え刃の種類はHQ55。

Portable Shaver(ポータブルシェーバー)(PQ217・PQ208)って何が違うの?

最低限の機能を有したコンパクトタイプ。
2つ目ヘッド。
旅行や出張に便利なポーチ(小袋)が付属します。
トリマー無し。
水洗い出来ません
2013年9月発売。

メーカー公式ページ
PQ217PQ208(フィリップス公式サイト)
関連サイト
家電製品ミニレビュー - クラシックな剃り味を楽しむポータブルシェーバー(家電Watch)

関連ページ:
フィリップス シェーバー替え刃一覧表
フィリップスシェーバー入門 ―HQ7390を分解したり機能の説明をしたりするページ
関連リンク:
フィリップス シェーバー グルーミング(フィリップス公式ページ)
フィリップスシェーバーのランキング(1時間ごとに更新)amazon.co.jpより
このページのトップに戻る