ホーム(ShaverTest) > リペア > パナソニックのシェーバーを分解して電池を取り外してみた

パナソニックのシェーバーを分解して電池を取り外してみた

取り外した充電式リチウムイオン電池

ブラウンシェーバーの分解&再組み立てに成功した事に気を良くし、パナソニックのラムダッシュ(ES8232)も分解してみることに。
ウエット剃り専用として使っていたせいか、内部の汚れがとんでもないレベルに達していました…

2016/03/19

【目次】このページ内の行にジャンプします
▼分解前。外見はこんなにキレイです
▼分解スタート
▼しかしながら電池や基盤は完璧にシールドされていました
▼ヘッド部分の機構を調べてみる
▼これ以上の分解は出来ず!

分解前。外見はこんなにキレイです

極めて綺麗な外見

かなりキレイな外見。
分解して破棄するのが勿体ないと感じるレベルです。

後ろから見た様子

裏はこんな感じ。
「リチウムイオン電池はリサイクルへ」
というシールが貼ってあります。
今回の目的は、リサイクルに回す為にリチウムイオン電池を取り外す事です。
そして、あわよくば、内部構造をちょっと勉強できたらいいな、と。

分解スタート

底に見えるネジ1本

まずは底部にあるネジを外します。

最初の外装を取り外す

ネジを外すと外装パネルが1つ外せます。

トリマーを跳ね上げるとネジ頭が1つあります

次は跳ね上げ式トリマーのところに隠されたネジを外します。
ネジを外す→部品を取り去る→新たなネジが顔を出す→それを外す…というパターンを、しばし繰り返す事になります。

ネジを取ると、トリマー部分が外れます

トリマー部分のパーツが外れました。

トリマー部分の下に位置する小さな外装パーツも外れます

同時に、トリマー部分の下に位置している外装も外せます。

両肩の部分に、ネジが隠されていました

すると、また隠されていたネジ(2本)が出てきますので、これを外してみます。

ネジを取り去ったところ

はい。ネジを取り外しました。
これで、最大の外装パーツを外す事が出来ます。

最大の外装パーツを外します

えっ?

最後に残った外装パーツは、手で外せます

なんという汚れ!

外装を外すと、茶色の汚れが。

サビとも泥とも形容しがたい、ひどい汚れです。
汚れの正体は、セッケンのクズとか水道水中のカルキやカルシウムの固まりじゃないかと思われます。
このラムダッシュを使って毎日ウエット剃りをしていたので、まあ仕方ないですね。

しかしながら電池や基盤は完璧にシールドされていました

最後のパーツ。これを外すと電装に到達します

6本ものビスを使って念入りに密封されている、最後のパーツを外していきます。

青色の蓄電池が見えてきました

外れました!
フタの部分には、Oリング状のパッキンが挟み込まれており、完璧にシールドされている事が分かります。

実はこの蓄電池、楽天で購入する事ができます→Panasonic ESLA50L2507N(でん吉・楽天市場)
アマゾンでも購入可能です↓


しかしながら、電池交換を個人でやるのは危険かも知れません。メーカーに依頼するのが望ましいでしょう。

バッテリーを取り外したところ

電池は手で取り外す事ができます。
電池を引き抜くと、その裏側が電子基板になっていました。
LSIらしきパーツが、半分顔を出しているのが見えますね。

電池ボックスと電子基板は一体になっています

電池ボックスと電子基板は一体形成となっており、裏返すとこんな感じ。
全く浸水していない様子です。

ヘッド部分の機構を調べてみる

ヘッド部分には関節やバネが仕込まれています

小さいバネがあり(画像のド真ん中)、ヘッド部分を真ん中に戻そうとする力として利用しているようです。

ヘッドを左に曲げた様子

ヘッドを左に傾けた様子。バネが伸びていますね。

ヘッドを右に曲げた様子

ヘッドを右に傾けたところ。
ヘッドを左右に振ってみる事で、首振りの機構(関節の仕組み)が分かります。
複雑な関節を使って、かなり高いところをヘッドの回転支点とする事で、剃りやすい首振りヘッドにしているわけですね。

これ以上の分解は出来ず!

ヘッド部分を分解しようと悪戦苦闘した様子

ヘッド部分にリニアモーターと呼ばれるパーツが組み込まれているはず。
それを是非見てみたいと思い、懸命に分解してみました。
☆のような形をしたネジ頭が2つあるのが見えたのですが、私はそれにあうドライバーを持っておらず、そこで残念ながら頓挫。
強引にこじってみたりしましたが、分解不可能でした。

ヘッド部分の複雑さから考えて、ヘッド部分に一旦手をつけてしまったら、再組み立てするのは、たぶん無理です。
ただ、ヘッド部分に手をつけなければ、電池を取り外して再組み立てする事は出来そうに思います。

…というわけで、ラムダッシュES8232君とはこれでおさらばです。
性能、価格、使いやすさ、全て文句なしのシェーバーでした。


関連ページ
ブラウンのシェーバーを分解して再組み立てしてみた
パナソニックシェーバーの選び方/機種の違いを超シンプルに箇条書きで比較するページ
関連サイト
総合お客様サポート 修理のご相談(パナソニック公式サイト)
充電式電池のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)
蓄電池・充電アダプター・洗浄機などパナソニックシェーバー部品の通販(でん吉・楽天市場)
ES8232等に対応する
パナソニック純正の蓄電池
ESLA50L2507N
このページのトップに戻る

mixiチェックTweet