ホーム(ShaverTest) > シェーバー関連ニュース過去ログ > 2013年

シェーバー関連ニュース過去ログ2013年



小泉成器(KOIZUMI)の鼻毛カッターがリコール(小泉成器公式サイト)2013/08/09
「パッケージの“本体まるごと水洗い”の表記と、実際の商品の仕様とが異なっている」という事で、返品・返金で対応するとしています。
対象機種「OMENS ノーズエチケットトリマー KMC-0300/S」を持っている方はOMENSノーズエチケットトリマーパッケージ誤表記についてのページを見てみてください。


電池でブルブル振動する機能付きの眉毛カミソリ「BI-HADA OMPA for men」が売れているらしい(貝印プレスリリース)2013/05/23
Schickのハイドロ5や、Gilletteのプログライドパワーなど、T字カミソリの世界ではお馴染みの電池でブルブル振動する仕組みですが、
なんと、眉毛を整える為のカミソリでもこの仕組みを搭載したものが販売されており、売れ行き好調な様子。



ちなみに、私は眉毛にカミソリを当てるのは怖いので、パナソニックの電動眉毛シェーバー「フェリエ」を使っています^^
フェリエについてはページを作ってありますので顔剃りシェーバー“フェリエ”を使ってみた感想(レビュー)を参照ください。


4月21日発売の新型ラムダッシュ"ES-ST25"のレビュー記事(マイナビニュース)2013/04/09
現行機種の"ES-ST23"(カミソリシェーバーラムダッシュ)の後継モデルと思われる"ES-ST25"が、4月後半に発売されます。
ウエット剃り対応、首振りナシ3枚刃、リニア駆動、などの基本スペックは従来モデルと変わらず、新たに「ヒゲセンサーモード」と呼ばれる動作モードが追加されました。
ヒゲが薄い部分を剃るときに自動的に動作パワーを落として肌に優しい、と謳っているこの機能について、リンク先の記事によると、
“ヒゲを剃るのにかかる時間は、ノーマルモードのほうがやや短く感じられる”
“ヒゲセンサーモードを使用して剃った場合は肌のヒリヒリ感が少ない”
とのこと。


3色展開。左から ES-ST25-K(黒色) / ES-ST25-W(白色) / ES-ST25-R(赤色)


ビックカメラでブラウン「クールテック」の実物をさわってきました2013/03/12
4月上旬発売予定の「クールテック」の実物展示品が店頭にあったので、さわってみました。

左からCT6cc(洗浄機付き)/CT4s(洗浄機ナシ)
※洗浄機の有無とカラーリング以外のスペックは同等です 使用中に熱くなるのが当然のヘッド部分が、みるみるうちに冷えていくのは、ちょっと衝撃的です。
ぜひ店で一度体験してみてください。


ブラウン「クールテック(CoolTec)」のページが更新されています(ブラウン公式サイト)2013/03/10
通常の電源スイッチとは別に、冷却機能用のスイッチが備わっており、それを押すと、ヘッド部分のアルミ製「クーリングバー」が冷えて、肌のひりつきを抑えながら髭剃りできる…、という感じ。

Series3(首振りしない3枚刃モデル)をベースにしているように見えます。
(そして、首振り機構を備えるSeries5やSeries7にクーリングバーを搭載するのは難しい、という感じにも見えます。)

バリエーションは2タイプ↓ 洗浄機の有無とカラーリング以外の性能(電池の持ちなど)は同じです。 
なお、両機種ともにウエット剃りに公式対応しています。


ブラウン公式サイトにティザーページが。剃りながら肌を冷やす「CoolTec」がまもなく登場2013/02/20
商品名の"CoolTec"で検索して最初に出てきたページがこちら↓ ようするに、網刃の隣にアルミ製のバーが配置されており、電源を入れるとそのバーが冷たくなり、肌を冷やしながら剃る事が出来て、肌のヒリヒリを抑えられる、というもののようです。
2013年の3月5日から予約スタートとのこと。


「新型アクアタッチを買ったので旧世代モデルと比較してみた」というページを作りました2013/02/15

実は発売当時から狙っていたAT911
レビューページを作ってみましたのでどうぞご覧ください。 …という人に、このアクアタッチAT911、超オススメです。


フィリップスのアクアタッチAT911のレビュー動画を作りました(YouTube)2013/02/02
2012年秋にフィリップスから発売されたアクアタッチAT911を買いました。
とりあえずファーストインプレッション動画を作ってみたのがこちら↓

アクアタッチでのウエット剃り、肌への優しさと深剃りを高次元で両立させる事ができ、かなり理想に近いです。
只今レビューページを鋭意制作中ですので、今しばらくお待ちを!



これより前(2012年)のシェーバー関連ニュースはこちら
このページのトップに戻る