ホーム(ShaverTest) > カミソリ > 剃り上がりをマイクロスコープカメラで確かめる(プログライドと旧型フュージョンとの比較)

剃り上がりをマイクロスコープカメラで確かめる(プログライドと旧型フュージョンとの比較)

Gillette社から2011年の2月に発売された新機種「Fusion5+1 PROGLIDE(プログライド)」と、Gillette社の既存製品である「Fusion5+1」との比較レビュー第一印象編からの続編です。
このページでは、実際に剃り比べた肌をマイクロスコープカメラで撮影して比較してみたいと思います。

なお、このページでプログライドと呼んでいるものは、電池で振動する機能の付いたプログライドパワーの事であり、
旧・フュージョンと呼んでいるものは、振動機能無しのフュージョン5+1の事です。
どちらも新品の刃を使っての比較です。

…意外な結果になりました。

2011/12/27

【目次】このページ内の行にジャンプします
▼こんな感じで剃り比べます
▼あご
▼のど
▼頬(ほっぺた)
▼鼻の下
▼剃り比べて分かったこと(振動機能付きカミソリのメリットとデメリット)

こんな感じで剃り比べます

あご、のど、頬(ほっぺた)、そして鼻の下。
合計4カ所を剃り比べます。

旧・フュージョンで順剃り、および逆剃り。
プログライドで振動機能をオフにした場合の順剃り、および逆剃り。
プログライドで振動機能をオンにした場合の順剃り、および逆剃り。
以上の6通りの条件について、それぞれ3枚ずつ撮影しています。

あご

  順剃り 逆剃り
旧・フュージョン
プログライド
(振動無し)
プログライド
(振動有り)

上段の6枚は、旧・フュージョンでアゴ部分のヒゲを剃った画像。左の3枚が順剃り、右の3枚が逆剃りです。
順剃りよりも逆剃りの方が良く剃れている事が分かります。

中段は、プログライドでアゴ部分のヒゲを剃った画像。振動はオフです。左が順剃り、右が逆剃り。
なんと、旧・フュージョンよりもプログライドの方が剃り残しがあるように見えます。意外な展開。

下段はプログライドの振動機能をオンにして剃った結果です。左が順剃り、右は逆剃り。
う〜む、振動無しと比較して、大差なしです。

のど

  順剃り 逆剃り
旧・フュージョン
プログライド
(振動無し)
プログライド
(振動有り)

肌が弱くて肌荒れしやすい、のど部分の剃り比べです。
左の順剃りよりも、右の逆剃りの方が良く剃れている事は明らかに見て取れますが、そのぶん、肌荒れしている感じ。
剃り残しについては、あご部分と同様、旧・フュージョンよりもプログライドの方が剃り残しが多いように見えます。
振動有りと無しとを比較してみると、振動させないのプログライドよりも、振動させたプログライドの方が、肌荒れしていないように見えます。

頬(ほっぺた)

  順剃り 逆剃り
旧・フュージョン
プログライド
(振動無し)
プログライド
(振動有り)

やはり順剃りと逆剃りとの差は明白ですが、旧・フュージョンよりもプログライドの方が剃り残しが多いように見え、振動有りと振動無しの差は無いように見えます。

鼻の下

  順剃り 逆剃り
旧・フュージョン
プログライド
(振動無し)
プログライド
(振動有り)

最後に鼻の下の剃り比べ。
やはり順剃りと逆剃りとの差は明らかですが、旧・フュージョンとプログライドの差はほぼ無いように見えます。

剃り比べて分かったこと(振動機能付きカミソリのメリットとデメリット)

プログライドよりも旧・フュージョンの方が深剃り出来ている、という意外な結果になりました。

では、どうしてこうなったのか。
その理由について、仮説を考えてみました。

―カミソリのグリップは、ある程度細い方がコントロールしやすいのではないでしょうか。

プログライドパワーは、本体に電池やモーターが入っている為にグリップが太く(中央あたりで直径16mm)、その割に軽い(電池込みで38グラム)。その為、力の加減が分かりづらい。
太めのマジックインキを持っているような感覚です。
肌荒れさせないギリギリのところまで深剃りするには、繊細な感覚が必要であるのに、その感覚が持ち手に伝わらないのです。

一方で、旧・フュージョンは、電池もモーターも入っていない為に細い(中央あたりで直径12mm)ものの、なんとプログライドパワーよりも重いのです(40グラム)。
細めのグリップに加えて、本体そのものが重くて安定している為に、カミソリの重さだけでスーッと刃先が動き、剃り上げる感じ。
例えるなら、製図用の重たいシャープペンを持っているような感覚です。

太めのマジックインキと、製図用の重たく細いシャープペンで、どちらが細かな文字を書くのに向くか。
明らかに後者ですね。


もちろん、刃先を振動させる事のメリットは捨てがたいものです。
振動により抵抗を減らせる事で、肌の1ヵ所に力が集中しての流血事故を減らせる感覚は確かにありますし、洗面器に水を張って置き、その中に振動させた状態のカミソリを入れるだけで、ひげクズがキレイに落ちてくれるという隠れたメリットもあります。

願わくは、次期製品では、振動機能はそのままで細身のグリップに進化して欲しいものです。


ジレット フュージョン
プログライド パワー
(電池で振動する)
カミソリ本体 替え刃

ジレット フュージョン
プログライド マニュアル
(振動機能なし)
カミソリ本体 替え刃
このページのトップに戻る

mixiチェックTweet